羅針盤

この間、半年以上ブログを書くのをやめていた。理由はなかったけど、自分の環境を変えたかったのだと思う。だから、日々の記録がうそっぽく感じていた。(ということにしようと思う。)結果的にその間に、事務所を退職してフリー宣言をした直後に、テレビの特番の仕事を経験できた。ドラマの現場で仕事を、短い期間だけど経験できた。そして、その仕事もひとくぎりつき、こうして文章を書いている。幸運にも、次の仕事は、決まっている。山形の小さな温泉街のドキュメンタリー映画だ。今は、その仕事で自分の表現したいことを明確にするための準備期間だ。この作品で、けじめをつけたい。ドキュメンタリー映画に出会ってから9年近く経つ。ここらで、映画という表現形式を用いて、自分の表現したいことを明確にしたい。大げさなことではなくて、まさに日記をつけるような日々積み重ねていく作業(具体的な段取り)と、映画をつくるということへの喜び(被写体との関係性、スタッフとの共同作業)と、表現を楽しむ精神(映像と音をいかに構築するか、編集であり、撮影時の工夫)があれば、乗り切れると思う。

最近、映画のシナリオ、演劇(戯曲)というフィールドへ、もっと深入りしたいと思っている。俳優という被写体にも興味がある。シナリオという、映像の設計図を考えることは、建築を勉強してきたなかでの、思考のプロセスを強く思い起こさせる。映画の表現形式を、深く理解し、シナリオを書いていきたい。

演劇(戯曲)は、映画のシナリオと似て非なるものだと思うが、俳優との具体的な作業を理解するうえで非常に重要なフィールドだ。

以後、演劇もシナリオについてのブログも書きたい。あくまで、自分が日々どの地点にいたかを示す、羅針盤のようなものにしたい。
[PR]
by barubuhutatabi | 2008-06-02 11:49


チェ・ゲバラを知らなかった私と... >>